新着情報

ワークショップ・スタンダード案公開しました

「ティーチング・ポートフォリオの質を保証する」は,どうすればよいか?

現在徐々にティーチング・ポートフォリオが普及をはじめています.,今後TPが教育改善だけでなく,業績評価の資料として活用されてゆく場合にさらに重要になってきます.

TPの質保証は簡単ではありません.TPは作成者の専門領域やティーチングのスタイル,所属機関の文化や目的に応じて,多様性を持つため(これはTPの特徴の一つでもあります)に,目次項目などで質を規定することは難しく,また,画一化を招くおそれがあるからです.そこで,私たちは作成の場であるワークショップの質を保証するための基準を提案するに至りました.ワークショップ基準は,こちらをご覧ください.TPは,その作成プロセス自体にも大きな価値があり,ワークショップは独力で作成する場合よりもずっと真剣に自身と向き合い,仲間とともに教育について深めあう貴重な場となっています.

このワークショップ基準は,2013年3月10日に提案されるものです.この基準をよりどころにし,TPを作成する機関,作成する教員同士のネットワークをつくってゆきたいと思います.ご関心の有る方は,http://www.surveymonkey.com/s/TPN2013へお進みください.3月10日の「第一回ティーチング・ポートフォリオ・ネットワーク会議」および今後の情報を受け取るための手続きフォームがございます.